忍者ブログ

おはようございます。

月曜日は大阪事務所に出勤するのが通常なのですが、大阪に居る時に限ってほとんど毎週雨が降っているのは気のせいでしょうか。とはいえ広島出張中も週1は雨が降っているという悪天候に好かれた体質なのかもしれません。

というわけで、5月6日から1泊旅行で那智勝浦に遊びに行ってきたので、その時の様子を写真交えて振り返ります。

5月6日(金)くもりのち雨

天気予報は雨というのは早い段階から分かっていたので、熊野古道散策が主たる目的の今回の旅では、雨合羽やら運動靴、タオル等を前もって準備の上お出かけをする事になりました。

午前11時32分天王寺発のくろしおにのって3時間半の長旅ですので、あべの近鉄地下で少し贅沢なお弁当を購入して行こうと少し早めに家を出たのですが、9階の催し物会場で北海道物産展が偶然やっているではないですか。



海鮮丼と豚丼+叉焼を購入していざ出発。



さすがの3時間以上の長旅という事で、少し奮発してグリーン席を取りましたが、これが正解でした。ゆったり3列シートで、1人掛けのシートはオーシャンビュー、2人掛けの方はほぼ山側なので、2人でも1人掛けをとってゆったり移動する方がオススメです。J-west会員のe早特利用だと自由席とほぼ同じ値段で乗車出来ます。



飲んで食って、少し寝て気がつけば本州最南端を既に超えていました。窓の外は結構な雨量ですのでテンションも下がり気味。

 

紀伊勝浦駅に到着。電車が出発して3分後位の風景ですが、人っ子一人居ない。そんな閑散とした街をホテルチェックイン後に散策し、まだお腹が空いてなかったのでホテルで時間つぶし。



だいたいどこの地方に行ってもとりあえず地ビールがあれば買うのですが、まぁ味はそんなに特筆すべき点なし。その後は軽く昼寝をし夜7時前に再度街なか散策にお出かけしました。この頃には雨も止み、街なかにもちらほらと人影がありました。




那智勝浦といえばマグロ、ということでマグロ料理屋さんで食事。刺し身は中トロをサービスして頂きました。コレ以外にも3品ほど食べたのですが、メニューには時価としか書いてないものも多く、先客さんのお会計がお一人様なのに6,000円位しており、私共は酒も結構飲んでたので1万5千円位は覚悟していたのですが、蓋を開けると7,000円ちょいでした。なんかつけ忘れてるんじゃないかなぁ、なんて思いながら少し得した気分でホテルに戻り、



まち散策の時に購入し、冷蔵庫で冷やしていた地酒で乾杯。最近はこういう飲みやすい日本酒に出くわす機会が増えました。この熊野三山はどこかのお店で見かけたら、また注文したい程は気に入りました。

明けて5月7日(土)
懸念していた雨天ではなく、これでもかという曇天。相変わらずの曇り男を遺憾なく発揮し、少し肌寒さを感じる中、路線バスにて那智山を目指します。大門坂駐車場前で下車し、徒歩での入山。



延々と続く石段を息を切らしながら歩みを進めていきます。雨上がりの草いきれというのでしょうか、濃い緑の匂いを噛み締めながら、200段近くあたりから頭から滝汗が出ながら、無事登頂。



もやが掛かって神秘的な風情の那智大社。



霧の濃さはこちらの画像の方が分かりやすいですね。

那智の滝。



前日に降った雨のおかげで水量の多い迫力のある滝になっておりました。帰りはバスで下山し帰りの電車まではまだまだ時間があったので勝浦の街をまた散策。



たんぽぽラーメンというお店で和歌山ラーメンを食べました。ラーメンも美味でしたが、チャーハンが秀逸でございました。



まだ時間が余ってたので、ホテル浦島の日帰り温泉で登山の疲れと汗を流し帰阪。帰り道にまた北海道物産展に立ち寄って、かにしゅうまいやLeTAOのドゥーブルフロマージュを購入して家で晩酌して旅は終了です。

今回は熊野古道の一部で那智山メインでの旅行でしたが、今度は紀伊田辺からのルートか、新宮からのルートか、川湯温泉宿泊かのプランで行ってみたいです。
PR


【無題】
なんと今回は本人登場じゃないですか!

開放的なブログですなぁ~
【Re:無題】
>開放的なブログですなぁ~
実質読者数は3~4名程度なんで、いいかなーと。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字