忍者ブログ

こんにちわ。

近頃はすっかりラジオにハマってしまいまして、ブログでの情報発信が疎かになって申し訳ございません。今、仕事中ですが少し手が空いたので、その合間を縫ってブログ更新したいと思います。

+++++++++++++

今の職場は現場事務所です。建物が完成するまでの間、このプレハブ事務所で過ごします。そんな殺風景な事務所ではございますが、喫煙場所にひっそりとプランターでコスモスが栽培されています。


薄紅のコスモスが秋の日の、何気ない陽だまりに揺れている。


そんな秋にぴったりなメロディーを、頭の中で思い出しながらタバコ休憩を取っています。仕事に疲れ、煙を燻らせながらコスモスに目をやると、茎の辺りに大量の緑色の物体と、茎を一所懸命に上下に行き来している黒い物体が目に付きました。


そっと顔を近付けて凝視してみると、それはアブラムシとアリでした。その二つの生命体群を見てパッと思い浮かんだのが、「アリはアブラムシを捕食し巣に持ち帰って、来るべき冬の備えをしたはるんやなぁ。」と。その思いつきがもし正しければ、日を経る毎にアブラムシの個体数は減っていき、やがてコスモスに寄生する緑色の物体は居なくなるはずでした。


しかし、それから幾日経てども、緑色の物体群は減ることなく、逆にどんどん数を増加し続け、やがてはコスモスが枯れてしまいました。「アブラムシは害虫や。」と幼心に教えられた?図鑑で学んだ?記憶があります。そしたら、蟻さんは一体何や?害虫を駆除する英雄ちゃうんか?ちゃうんか?と。コスモスは何でこんな早ように枯れてもうたんや?蟻さん。


・・・そんな疑問が頭を離れなかったので、インターネットで調べたら簡単に答えは見つかりました。結果としては、アリさんは害虫であるアブラムシを守るナイトの役割であると。そしてアブラムシがコスモスに寄生し奪い続けた養分を、体外に分泌しその分泌物をアリさんはお裾分け貰ってるんだって。アリさんは、アブラムシのヒモだったんです・・・知らなかった。私が幼心からずっと、「アリさんは頑張り屋さん」だと信じて疑う事はなかったのに。


いつもタバコを吸いながら、アリさんには頑張ってアブラムシやっつけてもらわなアカンな!と心の中で応援してたんですが、結果として私の間違った応援のお陰でコスモスが枯れてしまいました。もっと早く知っていれば、コスモスを守れたのに。もっと長く秋を感じられたのに。



父さん、母さん、横浜ももうすぐ冬が来ます。
PR


【無題】
そんなん
理科でならったやん
【Re:無題】
マジで!?
【・・・久しぶりに。】
今は違う場所で働いてるけど、相変わらずの喫煙者。
今日も今日とてタバコ休憩中に、今はもう使われていない鉢植えに雑草が力強く生えておりまして。

よくみたら、アブラムシも元気に生きてました。

そんな光景を見て、ふと昔に書いたこのエントリーを振り返ってみたくなり再度公開している次第です。

もう4年前か・・・。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字