忍者ブログ

おはようございます。

朝晩吹く風がすっかり過ごしやすくなってきて、エアコンの活動時間も徐々に減っている我が家です。店頭でもビールの秋味が並びだし、いよいよ秋が色濃くなって参りましたね。

今年は9月4週目がシルバーウィークと銘打たれており5連休となっています。何をしようかしら。

さて。

旅行の続きを書きます。3日目です。
長野市内で色々と観光してから上諏訪に参ろうかと思っていたのですが、予定を急遽変更して松本城を見に行くことにしました。

長野駅前にあった戸隠そばのお店で、もりそばを注文。


十割そばでよい風味でしたが、値段が高かったです。店内には芸能人のサインが多数あり、立地も良いので客も多そうですが、個人的にはイマイチでした。

長野から松本まではワイドビューしなのという特急に乗って小一時間です。松本駅に降り立った瞬間の場内アナウンスが独特で、他の客も「なんか風情のあるアナウンスでいいねぇ。」と言っているのが聞こえてきました。

松本駅から松本城まではバスで10分程。地方都市の駅前周辺としては、賑わっている印象がありました。城下町らしい風情のある建物やお店が並んでおり、観光気分を高まらせてくれます。

乗客の9割が松本神社前バス停で下車し、その人の流れについていくと



こじんまりとした大きさではあるものの見事な天守閣でした。子供の頃から姫路城をよく見ていたので、どこの城をみても「姫路城が一番」と思ってはいるのですが、姫路城に匹敵する好みの城でした。天守閣にも登りたかったのですが60分待ちの表示をみて断念。

城下町を散策して思ったのですが、各地に井戸がありこの時期には有り難く涼がとれるのが嬉しいです。まったく事前に情報を得ず行ったのですが、湧き水巡りなんかもしてみたかったなぁと。

そんなこんなで時刻は午後2時過ぎ。おやきが食べれるお店を探して歩いてたのですが、おみやげ用のチルド品しか売ってないので、仕方なくラーメン屋に入る事にしたのですが、これまた博多ラーメン。でも味は非常に好みでしたので大満足で、一路上諏訪へ。





地方によくあるレトロな駅舎と駅名表示ですが、降り立った瞬間から涼しい。天気は薄曇りだったので、涼しいのは天気のせいとは思ってたのですが、標高が700m強の立地で、いわゆる高原な風が吹いてました。

駅から諏訪湖方面まで徒歩で移動し、湖畔にあったホテルにチェックイン。フロントの方に花火の打ち上げ時間を教えてもらって、まずは温泉に。貸し切り状態の露天風呂を堪能した後に、上諏訪の街と湖畔散策に出かけました。事前の情報より飲食店が少ない事に不安を抱き、いざ夕食を摂ろうと再度散策に出かけたわけですが、よさ気な店は既に満席。歩きに歩いてようやく見つけたお店も、「団体さんの宴会が始まったので、料理提供が遅くなるかもですが宜しいか?」との前置きがある状態。



10帖ほどの座敷に通され、隣の宴会場の騒音を聞きながら日本酒で一杯。7時40分程に入店したのですが、花火の打ち上げ時間が8時30分ということもあり、そそくさと飲んで食って退店。味は非常に美味だったので、ゆっくり過ごしたかったなぁ。



お店を探すのに遠くまで行き過ぎたので、打ち上げ会場に戻る間に花火の打ち上がる音が・・・。小走りに走って10分程で会場に到着。

約600発の花火が期間中毎日打ち上がるという贅沢で、ゆったりと間近に上がる花火を堪能できます。8月15日には大花火大会があるようで、その時には人混みでごった返すようですが、この毎日あがる花火の方が私的には合っているようです。

都合、この夏は3度花火鑑賞をしたわけですが、上諏訪でみた花火が一番良かったです。

旅行最終日の朝は大雨。天気予報もあまり良くなかったので、観光もせずに早々に帰阪の途へ。

途中の乗換駅で間違えて電車に乗ってしまったようで、松本駅までまた戻ってしまう羽目に。



一時間に一本しかない電車を待つ間に、食べそびれていたおやきに出会い、結果オーライでした。松本から名古屋まで約3時間。名古屋で近鉄特急に乗り換えて2時間30分強。最終日はほぼ電車に乗っているだけで終了しました。私は一睡もせずに車窓を眺めていたのですが、まだまだ日本には行ったことのない場所が多いので、次の旅行は青春18切符を握りしめて行ったことのない土地に行きたいと思っています。
PR


【無題】
治っております。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字