忍者ブログ

こんにちわ。

昨日に続き、旅行2日目の足跡を辿ります。

初日に食べそびれた海鮮丼を目指して、二度目の近江町市場へ。電車の時間も気になることから今度はタクシーに乗って行きました。

タクシーの運転手さんが程よい距離感で構ってくれて、色々な金沢あるあるネタ等を聞きながら7分程で近江町市場へ。時刻は午前9時過ぎにも関わらず、開いている店は客・客・客で埋め尽くされています。少し外れの方に行けば空いてるかしら、と思い移動したのが良かった。



昨日のお昼すぎには行列ができていたお店も、朝ならほぼ待ち無しで行けそうだったので並んでみる。10分程待った所で店内に案内され、私はのどぐろ炙り丼、妻は海鮮丼スペシャルを注文。



程よく脂の乗ったノドグロで、お口の中で溶けていきます。アラの味噌汁も具沢山で満腹でした。店内は40席程あるそこそこのキャパにも関わらず、ひっきりなしに客が来ており、単価もそこそこ高いので儲かっているでしょうね。

今回の金沢旅で思ったのですが車優先の街づくりで、大通りの交差点は歩行者はだいたい地下道を歩かされるという印象でした。また歩いている人が少なくて、近江町市場や兼六園といった観光スポットや香林坊、片町といった繁華街以外はほとんど歩行者を見かけない町でした。また北陸新幹線開通によって、関東方面からの観光客が増え活気がある様子でした。


そんな思いを馳せながら次の目的地、長野へは北陸新幹線での旅です。



かがやきに乗って一路長野を目指します。



下り(東京方面から金沢行き)は混雑してたのですが、上りはガラガラ。誰も乗ってないやんと、写真撮影したりテンションが上がっていると・・・一番後ろの席にお客さんが居て焦りました。

車窓の風景は富山まではのどかな田園風景で、それ以降はほぼ山間いの風景とトンネルで、あまり車窓の風景を楽しむ間もなく長野に到着。

そこそこ賑わいを見せる駅周辺を横目に、善光寺行きのバスに飛び乗りました。善光寺門前の風景。




七年ぶりの御開帳が終了した後だったので、混雑はそこそこ。


長野駅から善光寺までの参道は緩やかな上り坂になっており、善光寺から長野市内を一望出来ます。妻は善光寺に行くのを楽しみにしてたようで、珍しく色々と予習をしておりました。実際
この旅行一番のテンションの上がりっぷりで満足してた様子。私はのどぐろ炙り丼で既に満足・満腹でしたので少々お疲れ気味でした。



妻が天ざるを頼んでいるのに、私はざるそば。この一杯で900円ちょいだった気がします。二八そばで、すこし辛め(関東風)のつけ汁にちょんとつけてズズっと頂きましたが、ややコシの強い風味豊か(錯覚)という印象。

善光寺を後にして、いざホテルまでの道中は嗅覚を頼りに横道横道を歩いてみましたが、どうやら賑わいからは遠ざかるように移動してた様子で、道中の商店街も閑散としており、またもや者寂しい印象。

繁華街を目指して夜の長野市内も歩いてみたのですが、人は少ないものの飲食店はそこそこ混んでいる様子で、なかなか行きたい店に入れず・・・仕方なく飛騨料理のお店へ。


朴葉焼きやら。

山賊焼き(鉄板にキャベツの上に乗った鶏カラ、トマト、もろみきゅうり)

イワナの塩焼き(レモンがデカイのではなく、イワナが小さい)

歩き疲れもあって、二軒目を探す気力もなくホテルへ戻りました。長野の夜は少し消化不良の感じを残しつつ、明日の予定を少し変更し松本城へ寄り道する事に決定して就寝。
PR


【無題】
私のブラウザで見ると
左の検索ボックスが本文に被ってしまって
本文の一部が読みにくいよ
【Re:無題】
確認遅くなりましたが、ウチのPC環境だとその不具合の再現性がないんですよね・・・
一応、edge,chrome,Firefoxで確認したんですが何故なのかしら。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字