忍者ブログ

おはようございます。

令和元年初のブログ更新です。2019GWは10連休を取ることが出来ましたので、前半はゆっくりと後半は九州旅行に行って参りました。

前半は妻の友人たちが我が家に集まってたこ焼きパーティーを。約半日の間、ずっと飲んで食べてました。楽しそうでなによりです。それ以外は家の掃除やら、お向かいさん家で飲んだりとほとんど外出もせず過ごしました。


令和元年5月1日は、九州旅行の旅立ちの日。10連休のせいか、新幹線のスーパー早得切符もあまり苦労せず入手出来ました。

新大阪駅のエキマルシェで売っていたグリル梵のカツサンドを購入して、いざ乗車。はずかしながら初めて食べたのですが、ほどよいレア感とサクサクの衣と、少し酸味の効いたソース、軽めにトーストされたパン。どれもが良いマッチングでとても美味しかったです。1人前2,200円と少々お高めですが、旅行でゆるんだ財布の紐だと気にせず買っちゃう。




午後2時前に博多駅に到着し、そこからは特急かもめ号に乗り換えて佐賀まで移動。
佐賀駅到着約5分前位に、車掌さんが運転席に慌てて乗り込んで行く様子が見えた後、列車は急停車をしました。しばらくして車内アナウンスで「走行時に異音が発生したため、原因確認のためしばらく停車します。」との報。

まぁ急ぐ旅でもなし、ゆっくり待っていましたが、降ろされて最寄り駅まで線路上を歩かされたら嫌だなぁとか、何時間も列車内に缶詰になるのも嫌だなぁと不安になった頃にようやく列車が運行再開を致しました。

予定より30分程遅れて佐賀駅に到着し、ホテルにチェックインして早速駅周辺を散策。



小腹が空いていたので、佐賀駅前の人気店「ビッグワン」へ。玉子入らーめん630円。チャーシューが4枚も入っていてボリュームも充分です。見た目よりかなりあっさりした豚骨ラーメンで、個人的に好みの味でした。

時刻は午後4時過ぎ。晩ごはん前に満腹になってしまったので、腹ごなしのために徒歩で佐賀市内の散策に出かけることに。佐賀城址のある佐賀駅南側を中心に歩きました。

中心市街地は佐賀駅から1km程離れた距離に位置しており、車通りはそこそこ多いけど徒歩の人はあまり居ません。歩いている人も我々と同じ観光客といった感じ。2時間程散策して一旦ホテルに戻ったのちに晩ごはんを求めて佐賀駅周辺をさすらいました。


GWということもあり、行く先々のお店は満員御礼の店が多く、またそんなにお腹が空いてない事もあって厳選しながら見つけたお店が、「第一三吉丸」という居酒屋さん。


呼子のイカ姿造り。普段食べるモチモチっとした食感ではなく、コリッとした食感で何より半透明の身がいかにも新鮮と感じて目にも美味しい。ゲソの部分は天ぷらにして頂いた。



うみたけの一夜干しという珍味。ホタルイカの一夜干しのような、旨味と心地よい苦味がお酒のアテに最高である。



くちぞこ(アカシタビラメ)の煮付け。名前は聞き慣れないが、魚体を見て想像通りの味。



あげまき(貝)短いマテガイのようなフォルムで、ムニっとした食感で口の中いっぱいに磯の香りが広がる。今思い出すとムール貝のような食感と味だったような気がする。

結局、食前にはほとんど食欲がなかったのに、これ以外にもいろいろ注文して大満腹でホテルに戻る。翌日は一路宮崎へ。



PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字