忍者ブログ

こんにちわ。

世間の企業の多くで本日は夏季休暇となっているのでしょうか。最大9連休という言葉をよく耳にします。
しかしながら私は今、会社にいてこのブログを書いています。

弊社では7・8月のうちに最大5日の休暇を自由にとる事ができるシステムとなっています。それは担当業務によっては、定形の休暇を取ることが出来ない事が多いためです。また家族旅行などを計画する場合に、お盆まっただ中よりも少し前倒しか後ろ倒しで、金銭面でも精神面でもゆったりと過ごす事ができる配慮との事です。

さて

本題ですが、世間は夏季休暇中という事もあり、仕事の電話も鳴らなければ特に急ぎの仕事もない、という状態。「じゃあ休めばいいやん。」というツッコミが適当ではございますが、今年は敢えて休みをずらしてみました。もちろん予定があるからという理由もありますが、「世間の夏季休暇とずらして、世間の平日にゆっくり遊びたい」というしょうもない理由もあります。

んで、少し頭の中が今空っぽ状態なんで、仕事以外の事を色々考えてみました。

最近はヤフーのトップ記事などでもちらほら目にする程、「Twitterにて馬鹿な行動を全世界に晒す」という事案が目立ちます。実際、今回の新人採用の際に私個人的にはこういったネットリテラシーの欠如した候補者は避けたいなぁと、ずっと思っていたので、面接の際に質問事項の一つとして用意はしておりました。が、結局誰にも聞くことはありませんでした。

それは私自身が、「ある程度当たり前の事として捉えている」からわざわざ聞かなくてもいいかなぁと思ったためでした。しかし、その採用活動が終わった後に上記のような事案が連続して起こり、考え方を改めないとなぁと思い至った次第です。

ブログにも当たり障りのない事ばかり書いてるのも、元々そういう思考からであり、個人名や企業名、業務内容が特定できるような状況下で、愚痴や業務上知り得た情報を記載する事は下手すれば業務請負契約上の違反行為になります。まぁそこまで気を配って言葉を選んでいるつもりはありませんが、元々インターネットとの付き合いが「そうあるべき」と経験してきたからでもあります。

ネットでの匿名性についての是非が問われる事が近年増えて来ましたが、匿名であるからこそ生まれるアイデアやしがらみを超えた行動も生まれると思っています。反面、それを悪用する輩もいる、という事を知る・体験するのは今のネットが生まれた時から日常の中にあり、特別な教育を受けなかった人には重要かと思います。

上記した事案の当事者の方は、きっと「悪いことをした」という意識もなく、身内に「ちょっとしたワル自慢」的なノリでTwitterに呟いたんでしょう。そして今回の炎上によって、バイト先に多大な迷惑を掛けたという事にたいしての社会的制裁を受け初めてインターネットなるものを知るのだと思います。ちょうど親世代がインターネットを知らないから教育出来なかったんだと、そう思います。これから子供を育てる方は大変です。教えないと行けない事、危険な罠が現代社会には多すぎます。一定の時期迄に於いては、親の知識以上の子供はいません。だから親には沢山の経験と知識が必要です。知らない、という事を知る必要があります。

もし近い将来にでも、私も子供を持つ機会があれば全力で自分の知る範囲すべてを教えてあげたい。できるだけ危険な罠にはまらないように。きっと自分の親もそうしてくれたと、今の私にはそう思える。ありがとう、なんとか危険な罠には1回位しかはまらずここまで生きてきたよ。
PR


【無題】
たぶん、
ツイッターとかFBって
仲間内のツールの感覚に陥るのよね。
普段は仲間しか反応ないから。

私が学生の時に
ネットがなくて良かったよ。
あったら
私とか即社会的抹消レベルやわ。


【Re:無題】
確かにSNSはクローズドなイメージはありますよね。
少なくともわざわざ縁もゆかりもない他人のページを見ることもありませんしね。

>私とか即社会的抹消レベルやわ。
まぁいい意味でも悪い意味でも有効活用してたでしょうね!
でも今よりもっと有名になったら、過去の粗探しとかする輩も出てきたりして・・・。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字