忍者ブログ

こんにちわ。

 昨日のエントリー、後半部分はかなり端折って書きましたが、この津~鵜方の電車旅がかなり辛かったんです。いつ電車が止まるか分からない、いつ電車が走るか分からないという綱渡り状態で。いっそタクシーで目的地まで向かうかーと思うにも、高速は全線不通、一般道は大渋滞。八方塞がりの中を一縷の望みを託して牛歩で目的地に向かうといった様相。

 ホテル側の対応が素晴らしく、お食事もお風呂も遅くまで待って頂きおかげ様でそれまでの疲れは吹っ飛びました。お陰で男子フィギアのフリーを見ながらうつらうつらとし、金メダルの瞬間を見てから就寝。朝風呂入って午前10時に出発でした。

 本来であればまわりゃんせで色んな場所に遊びに行こうと思ってたのですが、払い戻しをしてしまったのと、雪による交通事情の悪化を懸念して必要最小限の観光に留めました。

 とりあえず行ってみたかった賢島と伊勢神宮(外宮・内宮)おかげ横丁を巡って来ました。



 雪化粧の伊勢神宮もこれまた粋な景色でした。足元悪い中、多くの参拝客で賑わっており臨時バスも概ね満員状態でバス会社さんも赤字路線を補って余りあるドル箱路線だろうなぁと下衆の勘ぐり。あと印象に残ったのは、おかげ横丁にて「伊勢うどん」のお店がこれでもか!と乱立してた事。伊勢うどんという名称自体ここ最近知ったし、あともっと違う個性も出して欲しいなぁという印象が強く残りました。ヘンコなんで勿論伊勢うどんなぞ食せず、松坂牛骨ラーメンを食べました。(これが名物になるには・・・ちょっと厳しそうというお味でした。)

 さすがに二日目は少々お疲れ気味だったので、早めに帰路に着き午後5時半過ぎ大阪上本町着にて旅は終了。旅の締めは、すごい久しぶりに行った「村さ来」で旅の思い出話を肴に。村さ来って久しく行ってない割には、子供の頃に家族旅行か何かで何処かに行った際に連れて行ってもらった初めての居酒屋さんだったという思い出。何故か似たような思い出を相棒も体験した事があるとの事で敢えてのチョイスでした。たまには良いよねー村さ来。子供の頃は名前が読めなかったなーとか。30年ちょい経ってるけどそんな些細な事をおぼろげにでも覚えてるって、当時は強烈なインパクトが合ったんだろう。多分初めて「ジンジャーエール」なる飲み物を飲んだのもこの村さ来でした。

 ・・・なんて思い出話に花が咲き、大雪の中を紀伊半島横断旅行はこれにて終了。忘れられない良い旅が出来ました。うんうん。

PR


【無題】
すばらしいね。

村さ来は
私が初めて合コンなるものをやった場所です。
天王寺のアポロでしたわ。

今、
当時の様子を必死で思い出そうとしましたが
思い出せません。

たぶん、ジンジャーエールは飲んでないと思います。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字