忍者ブログ

おはようございます。

世間ではやれつまようじやら、おしどり夫婦の離婚問題やら、どうでもいいニュースが話題の昨今です。まぁ世間でも私のブログ内容なんてどうでもよいニュースの一つではあるんですが、折角のネタなんで書き記しておこうと思います。

さて。

先週も火曜日から広島出張でしたが、妻が予てより広島に行ってみたいと申しておったので、金曜日の夕方から妻を呼び1泊2日ではございますが、旅行に行って参りました。こう書けば私も旅行した感は出るのですが、出張の延泊ですので全く旅行感がなく、ただ平日の疲れを週末に持ち越したまま月曜日を迎えている状態です。

戻って金曜日の話。

初日はベタに八昌 流川店で広島風お好み焼きと鉄板焼きのおつまみで。二軒目は変わったお店に行きたいなぁと思いながら辿り着いた、Shot Bar C.Q.B

「結構ガチの人しかおらんかったらヤだなぁ。」と思いつつ、一見には入りづらいドアの前に立ち、妻と顔を見合わせつつ相談したのですが、折角の旅行気分なのであえて入りづらい店にチャレンジする事にしました。

お店に入るとカウンターに常連さんが5名くらい居て、テーブル席はガラ空きでしたのでそちらに座る事に。テーブル席の向いにシューティングエリアがあり、大小様々なモデルガンが並んでいます。

とても良い声のマスターに「撃ってみます?」と優しく声を掛けられ、夫婦で挑戦してみました。私は子供の頃にエアガンブームを経験しており、友達と今で言う「サバイバルゲーム」を野山でやってたので問題なかったのですが、妻は初体験。ずっしりと重いモデルガンをわーわー言いながら、楽しそうに遊んでました。

結局は一人辺りお酒2杯、ゲーム2回で合計5000円ちょい。ちょっとした話のネタと考えれば安いもんですね。

この時点で午後10時30分。ホテルに戻って晩酌しながら語り合って就寝。

翌日は午前9時に起きて、宮島へ向かう準備を。干潮時刻が午後1時27分という事で、それに併せて行動することにしました。宮島口のフェリー乗り場では小雪がチラつく天候でしたが、




干潮で大鳥居の近くまで行くことが出来たのですが、なんせ出張中の我が身。足元が革靴やんーと思いつつ、まだ水溜りの残る浜を歩いて予想通りの床下浸水状態。不快感を抱えての我慢の旅行が続きます。

牡蠣屋でランチ。牡蠣屋ランチ(2000円)とビールを注文。





ジャズの流れるおしゃれな雰囲気で食べるランチ。お隣さんは東京からの観光客のようでした。ぷりっぷりで大粒の焼き牡蠣をはじめ、ボリューム満点で腹いっぱい。昼食後は腹ごなしの運動もかねて宮島散策、原爆ドームといった町中散策をし、夕方の新幹線で大阪に戻ってまいりました。




地元に戻って、北巽周辺の飲食店では個人的に上位に挙げている和正で、麻婆豆腐と酸辣湯麺で旅の締め。さすがにいつもの出張よりは疲労感が半端ないのですが、妻は大満足してくれていたので良しとします。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字