忍者ブログ

こんにちわ。

時間的には【結婚式をざっくり振り返る】をアップした直後に今これを書いているのですが、いきなりたくさんの新着があるとみる気力がなくなるかと思い、1日ずらして投稿しております。

以下、昨日のエントリーの続きとなります。

那覇から石垣へ向かう飛行機の中で、「石垣島の最高気温は28度の予報です。」とCAさんからのアナウンスがあり、石垣島へついたらいの一番に海に入ろう!と意気込んでいたのですが、ホテルに午後3時前に到着し、水着に着替えていざ海に入ろうとするも・・・。やっぱり曇天&強風。

たしか3月22日に八重山諸島は一斉に海開きが終わっているのですが、水温も冷たく膝まで浸かるのがやっとの状況。結局は最終日まで同様の天候が続き、マリンアクティビティは何も楽しむことが出来ませんでした・・・。


ホテルでは旅行会社さんが気を利かせてくれたのか、一番海よりのナイスビューのお部屋を確保して下さいました。(残念ながら天候不良による強風がもっともホテル内で強い場所になってしまいましたが・・・)

そんな悪天候ではありましたが、

磯遊びくらいは楽しめました。

ガシラの子供みたいなんも浅瀬に居たり。

5日目には、ホテルのツアーで竹富島に行ってみたり。

島一番の高台(約5メートル程度)からの眺望。

水牛車で町内一周したり。(牛の名前はマブヤー君)

星の砂をゲットしたり。
竹富島はイメージの「ザ・沖縄」を体感でき、非常に楽しかったです。個人的には竹富島に数泊したいなぁと思いつつ、後ろ髪をひかれながら石垣島へ帰島。

それ以外に何をしたかと言いますと、

ホテル内のバーで酒が飲み放題だったので、入り浸り。
テニスや卓球等で汗を流し。
食べ放題のブッフェで3食飽きるほど食べ。

・・・こう書けば石垣島でなければならない事は、ほぼ何一つ出来てないんですが、ゆっくりとバカンスして参りました。

そして最終日。自由時間はほぼ1時間しかないのに・・・これでもかという南国日和。


南国っぽい風景の撮影会を行い、バカンス終了。

飛行機の車内で小腹を満たす食料を購入し、那覇空港でお土産をいっぱい買い旅は終了。

関空まで義理の兄夫婦が迎えに来てくれて、大阪に戻って旅の締めはなぜか餃子の王将でした。

総括すれば、梅雨時期を避け4月後半に挙式&旅行をセッティングしたのですが、結果は散々なお天気でした。半袖半ズボンを主体とした着替えを持っていったのですが、昼夜肌寒く念の為にと思いもっていったカーディガンはほぼ毎日着ていました。

そういう状況下であっても、結婚式を挙げて良かったと思いますし、短かったですが久しぶりの家族旅行も味わえたし、両家共に和気あいあいとした時間も過ごせて。同棲を始めたのがちょうど一年前で、その時に漠然とちょうど一年後に「沖縄で親族招待して結婚式を挙げよう」と貯金を始め、多少予算はオーバーしたものの、内容も結果もほぼイメージ通り、いやそれ以上となったのは、本当に良かったと思います。途中で何度も結婚式なんてやらんでもええやん、と私自身は思っていたし、調整事も多く正直面倒臭いとばかり思っていましたが、やってよかった。

色々とご協力をいただきつつ、迷惑もかけながらこれからも家族仲良く生活出来ればと思っています。これからもよろしくお願いします。
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字