忍者ブログ

こんにちわ。

 すっかり桜も各地で満開の報が飛び交っておりますが、満開情報と共に雨の予報も毎年聞かれるような気がします。昨日は月曜日でしたが、弊社もお花見をしました。日中は曇り空ながらも汗ばむ陽気でしたが、日没後は肌寒い気候でした。それでもやはり桜の木の下にはたくさんの笑顔と会話が入り乱れる光景がそこかしこで見られました。

 昨今では、観光資源としての桜にも注目されていますが、花の命は短いからこそなのでしょうか。年中咲いていては桜には魅力がないのでしょうか。わかりません。

 さて。

 先週末の土曜日、週末の天気予報はあまり宜しくなかったのですが、妻と散歩がてらのプチ花見を行って参りました。

  まずは我が家から谷町筋を南下して、高津宮へ。

 

 屋台もチラホラ見られ賑やかな様子でした。若者がワイワイと花見をする場所ではなく、子連れの家族や大人の集団が主な利用客でした。少し人気のないところでゆっくり花を愛でたいとの希望もあり、近くのコンビニで軽く飲み物を購入して次に訪れたのが、



 生玉さんの前の小さな公園。人気もなく、ゆっくりとほろよいで乾杯。界隈では花見をしている方はチラホラいらっしゃったのですが、おひとりさまやカップルで身軽な花見といった感じでした。昔はブルーシートのテント地帯だった所も、いまではすっかり跡形もなくなっていました。

 続いて、そのまま谷町筋を更に南下して、義士祭も行われる赤穂浪士ゆかりのお寺、吉祥寺。




 赤い門と外壁のギザギザ模様が特徴的で、その外壁を超えんばかりの桜。このコントラストがとても綺麗でした。




更にそこから南下して四天王寺さんへ。そろそろ日没で、カメの池でも甲羅干ししている亀さんはおらず、人が近寄ると首をもたげて餌をねだる様子がかわいいと思って見ていたのですが、妻は「キモッ」と切ない言葉を発するのでした。



四天王寺西大門付近のしだれてるヤツ。桜と門とハルカスと。いい感じに収まった写真です。そして、久しぶりに五重塔を見ようと思い、遠くからも見えないので、近寄ってみたら。



修復工事中でした。足場の様子からは上層階部分がまるまる無くなっているように見えますが、ほぼ全とっかえするのでしょうか。

・・・という訳で、この時点で午後6時半。遅めの昼食をとったのであまりお腹が空いておらず、そのまま徒歩で谷町筋を北上して帰路に着きました。

 来年もまた妻と一緒に桜が見れるといいな。
PR


【無題】
私は会社の一部のスタッフと花見に行ってきました
会社の近所の公園で行う恒例行事です。

去年まではその公園は貸切みたいなものだったのですが、
今年は暖かいせいか?
多くの人が花見をしていました。


しかし
日本の桜はもはや日本人だけのもではなくなってしまい
昼間の桜の名所は外国人観光客だらけですよ。
【Re:無題】
穴場的な所にも外国人観光客の方がいらしてるんですね。
賑わうのはいい事なんでしょうけど、物寂しい光景でもありますね。
円高が進んでいますが、インバウンドの今後はどうなるのでしょうか。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字